会社員と経営者の考え方の違い。あなたが当てはまるのはどっち?

はやと(@hayatobloger)です!
ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

 

hayato
今回は【会社員と経営者の思考の違い】についてまとめていきます。

YOUTUBEでも解説しています↓

 

働いても働いても
収入も上がらなければ、
お金が増えない。

そんな方は、
まずは固定概念と
お金に対する
マインドブロックを
解除する必要があります。

これからお話をする
ボロい中華料理屋さん
という物語はいかに
稼いでいる人と
全く稼いでいない人が
日頃何気ない日常での
考え方だったり、
物事に対する意識

どのように違うのか
分かる短い
お話になっております。

ビジネスセンスが
ある方なのであれば、
この記事を最後まで
見終わった頃には
「なるほど!」と、
うなづいているかと
思います。

そう思っ方は
行動してみてください。

明日やろうではなく、
今すぐに行動して下さい。

時間は皆、平等であり
24時間同じなので!

ボロい中華料理屋さんというお話。

物語の主人公は二人いて、

月収30万円の
サラリーマンと
月収100万円の
経営者。

この二人が
今回の物語の
主人公になります。

二人の人間が
散歩をしていました。
その二人の人間とは
月収30万円の会社員と
月収100万円の経営者
の二人の人間です。

この二人は
生まれた時から
高校生までずっと
同じで幼馴染みたいな
関係です。

 

そんな時、
散歩をしていたら
目の前に
ボロい中華料理屋さん
が見えてきました。

ここからが
物語の始まりと
なります。

ボロい
中華料理屋さんを
見てそれぞれ、
どのように感じるのか。

これに注目して頂きたいです。

月収30万円の人の思考

会社員
ボロい中華料理屋さんだな〜。

月収100万円の人の思考

経営者
  • なんで、こんなにボロい中華料理屋さんなのに長く続いているのかな
  • どのようにして利益出しているのかな。
  • このお店のマーケティング手法気になるな。
  • こんな田舎なのにどうやって集客しているのかな。

同じものを見ているのに思考が180度違う

同じものを
見ているのに
まるで捉え方は
180度違っている事に
お気づきですか?

そもそも

サラリーマンと
経営者では日頃から
考えている事が
全く違う
事に気づいたかと思います。

例をあげますと、
アフィリエイトの
ノウハウを実践したとして、
何気なく淡々と
作業をしている人もいれば、
このノウハウは何故利益を
出す事ができるのか?
ASP側はどのように
利益を出す事が
できているのか?

というマネタイズも
意識をして
作業している人も
いるわけです。

ゲームのアプリに
関しましても、
ただ単に遊ぶのを
楽しんでゲームをする人もいれば、
このアプリを開発した
会社がどのように
利益を出しているのか?

と考えながら
ゲームをする人も
いるのです。

月収30万円の人と
月収100万円の人では
そもそも考え方が違う。

という事に
気づいてもらえたのでは
ないでしょうか?

要するに
ビジネスで
利益を出すためには
ノウハウだけではなく、
考え方(思考)から
変えていかないという事です。

学校では5教科は教えてくれてもお金の勉強の話

月収30万円の方と
月収100万円の方では
日々の生活考え方以外にも
お金に対する考え方
違うという事に気づいて
頂きたいです。

会社員 経営者
投資をするとお金が減りそうで不安 お金を増やすために投資をする
知識にお金はかけたくない 学ぶ為に自己投資を怠らない

など。

海外では、
お金の勉強を
小学生からするのに、
日本の小学校は
5教科+αで
お金の教育はする事が
ありません。

お金の知識が親からもらってないですか?

上記にも書きましたが、
残念な事に日本では
お金の教育はして
もらえません。

そしたら、
あなたの
現在持っている
お金の知識は
どこから教えて
もらったのか。

紛れなく
親と断言する事が
できます。

  • 投資は危ない
  • 大企業が安定。
  • 借金はするな
  • 公務員になれ

など
お金の知識や
社会に対する考え方は
全て親から
伝えられてきているかと
思います。

例えば、
あなたが親に投資を
始めるとか新しい事を
始めるのに1000万円の
融資を受けてきたと話をした
場合なんと答えるか?

『危ないから辞めなさい。失敗したらどうするの?大企業とか公務員で働いていれば安定なんだから』

など
受け入れてくれる親は
なかなかいないのでは
ないでしょうか。

僕から
今この記事を
読んでくれている、
あなたにアドバイスをします。

お金の相談を
親にするのは
間違いです。

そもそも、
親世代の物事に対する
価値観と今の僕ら世代の
価値観は180度
異なるもの。

どうしても
親世代の方達は
固定概念というものに、
いつまでも
縛られている人ばかりなので、
このような事言って
申し訳ないですが、
非常に頭が固い。

だから新しい事に
挑戦をして親や
友達に否定されたら
諦めてしまう人が
多々いらっしゃいますが、
自分で決めた事なのですから、
そこは自信を
持って頂きたいです!

【悲報】日本の教育のシステムがおかしい

日々の思考や
お金の知識は何か、
きっかけがない限り
中々身につくものでは
ありません。

それは決して
恥じる事では
ありません。

そもそも
日本の教育システム自体に
問題がありますので。

学校で
『○○君。実は就職じゃなくて起業って選択肢があるんだけど、そっちの道はどう?』
なんて
起業という選択肢を
くれる先生はいますか?
いるわけがないですよね。

高卒だろうが、
専門卒だろうが、
大卒だろうが
結局行き着く先は
就職するという
選択肢のみ。

日本の
教育システムが
就職といった、
たった一択の選択肢しか
くれないのです。

これは、
国絡みでの
洗脳なので
中々抜け出すことって
難しいのです。

国の洗脳から脱却する為の3つのステップ

洗脳からの脱却といっても、
そう簡単な事ではありません。

その洗脳が
固定概念と
なってしまうので、
その染み付いた
固定概念からの
脱却は難易度は
かなり高いと言えます。

そこで、
その固定概念を
捨てる為の
3つのステップを、
まとめてお伝えしたいと
思います。

ステップ①自分の思考に気づく

固定概念から
脱却する最初のステップは、
自分が無意識のうちに
決めつけている事に
気づくということです。

人は経験に大きく
影響される生き物ですので、
どうしても以前に
経験した出来事や
感情を元に思考を
構成してしまいます。

ですので、
固定概念から
脱却したいと
思うのであれば
自分の無意識な
思考に気づく
必要があります。

ステップ②理由を探る

自分の思考に
気づくことが
できるように
なったら、
次は何故自分が
そうした思考に
辿り着いてしまったのかを
考えます。

固定概念を
持ってしまった
原因が分かれば、
対策を講じる事が
できます。

具体的には、
固定概念のもとに
なっている出来事などを
思い出す事から
始まります。

過去の辛い記憶や
経験などと
向き合わなければ
いけない事もありますが、
逃げ出さずにしっかり
理由を見つけてください。

ステップ③思考を入れ替えてみる

最後は、
意識的に熱の思考を
取り入れてみる事に
チャレンジしてみて下さい。

例えば、

『今まで○○の仕事の時は○○な考え方で進めていたけど、今日は□□の考えで進めてみよう』
と事前に決めておき、
常に以前の観念に
戻ってないか注意してみる
といいと思います。

このステップを
行う為には、
自分の固定概念が何で、
その原因が何なのかを
しっかりと自覚する
必要があります。

このステップを
繰り返す事で、
元々の固定概念から
脱却する事ができ、
新たな視点を持って仕事に
取り組む事が
できるようになるので、
是非ステップ①から
順番に取り組んで
見てくださいね!

結果を出したいのであれば、思考を変えよう

『ボロい中華料理屋』
という話からだいぶ
話がそれてしまいましたが、
簡潔にまとめると、
結果がでない人は
日々の考え方や
お金に対する考え方を
変えなければなりません。

ここでの
この記事を読んで
完全に考え方が
『変わった気』
になってしまう人もいますが、
この記事を読んだからと
言って染み付いた
固定概念や考え方は、
そう簡単に変わるもの
ではないです。

この記事を通して、
投資は怖くないもの。
お金を増やす為に、
自分のスキルを上げる為には
必要なものだと理解しても、
いざそのような
局面になると・・・
『いや・・・』
『お金ないです。』
『投資怖いです・・・』
となるのですよね。

何故
投資をするべきなのか?
何故、
投資をしなくてはいけないのか?
環境を変えて徐々に
身についていくものです。

それにビジネスって、
覚悟がない人は
やらなくていいと思う。

ビジネスは
法律では義務では
ありませんので。

本気で人生を変えたい!
環境を変えたい!と
思う人が始めればいい
世界なのです。

ただただ
願っていても、
待っていても
人生は変わりません。

僕があなたの代わりに
稼いで上げるわけでも
ありませんし、
僕は稼ぐ技を教えるまで。

結局稼ぐのは、
あなた次第。

現状を変えたい方だけ
ご相談ください。

もう一度言います。

現状を変えたい方だけ
こちらからご相談ください。


Amazon電子書籍プレゼント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA